LETTER

初夏のセレモニー

2018年4月15日

バルーンのように大きく膨らむ袖と
胸元のベルベットの切替が
印象的なマチネドレス

ガーデンウエディングなどの
初夏のセレモニーにも
ぴったりなドレスです

あたたかな季節は
袖口のゴムをきゅっとあげて
大きなパフと涼しげな手元で
お召しいただくのがおすすめです

少女らしい可愛らしいシルエットに
上品で落ち着いた配色
パールのチョーカーや
白いつけ衿がよく映えます

『マチネドレス・ブラック』
『マチネドレス・グレー』

鎌倉彫と、カディ織の下駄

2018年4月13日

真珠と籠をモチーフにした
鎌倉彫の桐下駄
カディ織の鼻緒をすげて
少し大人な気分でリニューアルです

800年の歴史を持つ鎌倉彫の技法と
インドの職人によって
手紡ぎ手織りされたカディ織
職人の技が国を越えて
ひとつになった一足です

カディ織の優しくやわらかな
風合いが映えるよう
前坪や鼻緒裏には
あえてシックな色を選びました

素足でゆかたにはもちろん
足袋を履いてきものと
合わせていただいても良い
上品で大人っぽい下駄です

 
 
『鎌倉彫 真珠 カディ・生成』
『鎌倉彫 籠 カディ・茶』

季節を楽しむ帯選び

2018年4月11日

すっかり春となり
厚手のコートやニットをしまい
ワードローブを春夏向けに
衣替えする時期です

季節が移ろうこの時期
同じきものでも
帯や小物を替えることで
新しい楽しみが生まれます

黒や紺など合わせていた冬に替わって
爽やかな白の博多帯など取り入れると
ぐっと明るく春らしい装いに

博多帯は胴部分が単衣になっていますので
締め心地も軽やかですっきりです
夏のきものにも合わせることが出来るので
これからの季節におすすめです

 
 

『フュテュール 博多織 名古屋・白鼠』
『ラマージュ レースのきもの・翡翠』

ご自身の結婚式に

2018年4月7日

すっかりあたたかくなり
気分も晴れやかなこの頃
心地よい気候の4~6月は
ウエディングが多い季節です

白の総レースで仕立てられた
フレンチリバーレースのきもの
ご自身の結婚パーティなどに
お召しいただくのもおすすめです

フランス製のリバーレースに重ねた
ほんのり艶のあるグレージュのサテン
袖口にスカラップとヒゲを活かした
溶け出すような上品なシルエット

白の帯や小物を合わせて
まるで純白のドレスのような気分で
上品な光沢と繊細な華やかさは
主役を飾る一枚にぴったりです

『フレンチリバーレース・白』
『フレンチリバーレース つくり帯・白』
『ウィンターボード 帯留めブローチ』

ブルーギンガムのガーデンドレス

2018年4月4日

ご好評いただいている
ギンガムチェックのガーデンドレス
色違いのブルーの生地で
新しくつくりました

ヴィンテージクロスの生地から
インスピレーションを受けた青
鮮やかすぎないヴィンテージ感の
ある色にこだわりました

衿元と袖には深みのある
ネイビーベルベットの切り替え
裾にはロープ状の白いパイピングを施し
爽やかで愛らしい印象になっています

夏にはキャミソールを
秋にはタートルネックをあわせたりと
深くとったVのあきを活かした
日々のコーディネートをお楽しみください

『ガーデンドレス・ブルーギンガム』