LETTER

ちょっと、差をつけて

2017年7月21日

いよいよ明日から各地で
花火大会がはじまります。
来週にはの関東一の伝統を誇る
隅田川花火大会も。

日が暮れても、人混みに紛れても
ひときわ目をひく赤いギンガム。

よく見てみると、柄の中には
お祭りには欠かせない提灯が隠れています。
話題を独り占めできるかも…。

帯もギンガム×ギンガムと
同柄のコーディネートも
メゾンのこだわりです。

「ギンガムランタン ルージュ」はこちらから
「カフェオレボウル 朱赤・灰」はこちらから

3 ET DEMI でもご覧いただけます

2017年7月18日

神戸のセレクトショップ、
3 ET DEMIではメゾンの洋服を
一部ご覧いただけます。

新作のドレス、モンタギューも
かわいいコーディネートで
紹介してくれています。

ひらひらと波打つ
ギャザーを寄せた大きな襟がポイント。
たっぷりとしたボリュームですが、
裾の切り替えにこだわって
スッキリとした大人な印象に仕上げました。

真っ白な麻は、
夏の日差しの下で爽やかに眩しく
この季節におすすめの一枚です。

『モンタギュードレス・スノーホワイト』

3 ET DEMI
〒650-0034
兵庫県神戸市中央区京町69番 第一生命ビル1階
TEL 078-334-2378
『3 ET DEMI』ホームページはこちらをご覧ください

最後のモチーフは…

2017年7月14日

浅草のほおずき市は突然のお知らせで
間に合わなかったとのお声がありました。
ごめんなさい…
ほおずき市は26日、27日に
神楽坂でも開催されます。

今日は最後のモチーフを紹介します。
江戸時代に流行した蛇の目傘。
雲のように連なって並ぶ傘の中に
かしげた傘がひとつチラリとこちらを見ています。

着た時に、連なる傘が
全身を斜めに流れるデザインになるよう
仕立てにもこだわった1枚です。

生地には、紅梅という
格子状に凸凹のある織りを使用しています。
ベタつかずさらりとした
清涼感のある着心地をおたのしみください。

「傘かしげ ライムイエロー」
「傘かしげ ネイビー」

履きごこち、大事です

2017年7月10日

今日まで東京浅草寺ではほおずき市です。
ほおずきを売る店が約100も並び、
色とりどりの浴衣姿でそぞろ歩きを楽しむ人々で、
夜8時過ぎまで華やぎを見せます。

ところで歩くときに大事なのは
なんといっても履物です。
足ってすごく疲れを感じやすいですから…

桐の下駄、履いたことはありますか?
軽いだけではなく、ほのかな桐の香りと、
塗り下駄とは違った
さらさらとした履き心地が魅力です。

今年は少し高めのヒールにして
ポックリのようなかわいいシルエットに。
底に張った黄色のゴムも、
歩きやすさを助けてくれます。

「桐下駄 太縞」
「桐下駄 格子」

夏は麻帯

2017年7月7日

今日は今までにご紹介できていなかった
大切な帯の話です。

何にでも合わせることが出来る帯をつくりました。
漂白せずにありのままの麻を使って
仕立てたきびらの帯です。

麻の地風を活かせる配色に
コントラストを効かせて表と裏に。
総柄や大柄のゆかたとも合わせやすく
コーディネートの強い味方です。

独特の透け感が美しく、
ハリとコシがあって締めやすいのが特徴。
夏らしい涼やかな締め心地をお楽しみください。

「麻きびら 紅」
「麻きびら 深緑」
「麻きびら 黄」
「麻きびら 青」