LETTER Archive

博多織の帯と草履②

2017年9月19日

博多織の帯とお揃いでつくった草履のお話です。
草履の生地は帯に比べて
強度にこだわりました。

切れやすい縦糸が表に出ないように
横糸を二重にして丈夫に織っています。
強化もしたい可愛くもしたい、
そんな想いに職人さんが応えてくださいました。

もうひとつのこだわりはヌメ革の底。
ヌメ革とは、タンニンなめしをしただけの
染色・塗装をしていない革のことをいいます。

自然な革の優しい色と質感が、
博多織の上品な絹の光沢と調和します。
ぜひ帯とのお揃いの装いをおたのしみください。

博多織 ストライプ草履
博多織 ギンガムチェック草履

博多織の帯と草履①

2017年9月15日

博多織で帯と草履をつくりました。
ストライプとギンガムチェックのお揃いで。
同じ柄ですが、帯と草履で別の生地を
織ってつくっているのがこだわりです。

今日は帯についてお話しします。
“帯結びが苦手”の理由に
固くて結びにくいという声がありますが…
博多織の特徴はその”締めやすさ”です。

芯を入れずに一枚の生地を
折り返してお仕立てしているので
柔らかく、そして軽やか。
ぎゅーっと締まるので着崩れもしにくいです。

帯締めや帯揚げのコーディネートが映えるよう
あえてモチーフや装飾は配していません。
日々のコーディネートに可能性が広がります。
草履のお話はまた次週に…

ボーダー 博多織 名古屋帯
ギンガムチェック 博多織 名古屋帯
博多織 ストライプ草履
博多織 ギンガムチェック草履

お揃いのレースの羽織

2017年9月12日

過ごしやすい気候になり
きものでのお出かけが楽しい季節。
この時季の羽織りものって
何を着ていいのか悩みます…。

オリジナルレースのラマージュで
きものとお揃いの羽織をつくりました。
単衣で仕立てたレースの羽織は
透け感が美しく軽やかでおすすめです。

メゾンでは新しい羽織をつくるたびに
レースの表情に合わせて丈の長さを変えています。
ラマージュは落ち着いた上品な雰囲気になるよう
少し長めにお仕立てしました。

裾は見返し仕立てで丁寧に縫製し、
落ち感のあるすっきりとした
上品なラインに仕上げています。
後ろ姿もすっきりと綺麗です。

ラマージュ レース羽織・墨黒
ラマージュ レース羽織・翡翠

AODRESSの刺繍半衿

2017年9月8日

メゾンでも人気の
繊細な刺繍ワークを生みだす
“AODRESS”との刺繍半衿のシリーズの
新作ができあがりました!

“AODRESS”はカディコットンを中心に
インドの職人達と制作する
伝統的な手法にこだわりながら
ものづくりを進めるブランドです。

今回はインドのカディシルクと
憧れのベルベットの生地に
刺繍とアンティークビーズを
全て手仕事で施しています。

思わず眺めていたくなるような
小さなキャンバスで繰り広げられる
細やかな技術とたのしいデザイン。
ぜひ、ご覧ください。

aodress 刺繍半衿 花のグラデーション
aodress 刺繍半衿 スカラップビーズ
aodress 刺繍半衿 花と蔦

ラマージュ つくり帯の結び方

2017年9月4日

着付けが苦手な方に、
また、帯を結ぶ時間がない時に
おすすめなのがつくり帯!
簡単に5分ほどで締めていただけます。

ラマージュ レースのつくり帯は
より簡単に、綺麗に、着付けが出来るよう
これまでとは少し仕様を変更しています。

胴の部分を固定する紐を上部にも取り付けて、
上下2本にすることでより安定し、
締めなおすのも簡単になりました。

結び方とちょっとしたポイントをご紹介します。

続きを読む…

ゆかたのお手入れ方法

2017年9月1日

9月になりました。
まだまだ暑さは残りますが、
夜には心地よい涼しい風が
秋のおとずれを感じさせます。

今年はゆかたを着てどんな想い出ができましたか?
お気に入りのゆかたを
来年も気持ちよく着るために…
ご自宅でのお手入れの方法をご紹介します。

~ゆかたのお手入れ方法~

①ゆかたを着て汗をたくさんかいてしまった時は
汗をかいたところに霧吹きをしたり
濡れたタオルで挟んで湿らせましょう。
一晩干しておくと水と一緒に汗も飛んでいきます。

②ご自宅で洗濯する場合は、
袖を合わせてパタパタと簡単畳んで
洗濯ネットに入れて洗濯機に入れます。
手洗いの場合は、お風呂に水を張り
おしゃれ着洗剤で洗います。
ぬるま湯だと色移りするので水を使いましょう。

③洗ったゆかたはハンガーにかけて
風通しの良い場所で陰干しをします。
干したら手で生地を伸ばしておくと
乾いてからのアイロンがラクになります。
アイロンをかけるのは翌年着る直前でも良いです。
乾いたら畳んで片付けます。

④ゆかたの保管はきもの専用の包み紙
「たとう紙(たとうし)」に入れるのがおススメです。
クリーニングに出した際も通気性を良くするため、
ビニール袋から出してたとう紙に包んでください。
たとう紙は和紙で出来ているので
通気性がよく湿気から守ってくれます。

綺麗にお手入れをしておくと
カビやシミなどの心配もなく安心です。
来年の夏が楽しみになりますね。