LETTER

ケープ襟のトレンチコート

2018年11月14日

大きなケープ襟が印象的な
トレンチコート

高密度のバーバリー生地で仕立てたコートは
細身で長めの丈感がエレガントで大人っぽい印象です
そこにポイントとなる肩をすっぽり包むケープが
少女のような華奢なシルエットを生みます

特に肩のラインには拘り
何度も調整しました
着ていただければ実感いただける
可愛いらしいシルエットです

ケープは襟元のボタンで取り外せ
二通りの着方を楽しめます
袖口を折り返してオレンジ色の
袖裏をアクセントカラーにしていただくのもおすすめです
 
 

ケープコート・ベージュ ¥62,000+税

ご自宅で洗えるきもの

2018年11月11日

店がオープンして3ヶ月
きものもいつか始めてみたいと
ご相談に来て頂く方もたくさんいらっしゃいます

価格、コーディネート、お手入れ、着付けなど
不安なこと 悩みごとはさまざまです
気軽にはじめたい!とういう方に
メゾンがおすすめするのはポリエステル素材のきもの

ご自宅で簡単に洗濯が出来て
シワにもなりにくいので
アイロンもほとんど必要がありません
価格もゆかたと変わらず
はじめてのきものには色々と安心です

こちらのきものは縦に流れる白い無垢な花と
すっきりとした無地場を活かしたデザイン
裏地は花に合わせて白を選び
モノトーンでシックにお召しいただけるようにしました
 
 

 
 フルールジャルダン きもの・ノアール ¥39,000+税

 

冬のベルベット展

2018年11月10日

日に日に秋が深まり暮秋の季節となりました
もうすぐそこに冬の訪れを感じます

11/23(金)よりドゥーブルメゾンでは
冬のベルベット展を行います

AODRESSのインド刺繍による
ベルベットの羽織や帯や半衿
WildRoseHipsの刺繍バッグ
メゾンクチュールからは
リメイクドレスなどをご用意いたします

メゾンベルベットでの冬支度を
ぜひお楽しみください
詳しい情報は後日お届けいたします

  
 

 
営業時間 12:00〜20:00
定休日 火・水曜日
TEL 03-5946-8313

東京都新宿区赤城元町3-2
東京メトロ東西線神楽坂駅1番出口 3分

liroto(リロト)ワンピース入荷しました

2018年11月8日

デザイナーの富塚尚樹さんが
2018A/Wシーズンにスタートした
ファッションブランド”liroto リロト”

ドゥーブルメゾンでは
たっぷり生地を使った
フレアワンピースを
セレクトさせていただいています

裾のアシンメトリーなカッティングと
ボリュームが美しいラインを描きます
しっかりとした生地なので
コートとして羽織っていただくのもおすすめです

ご紹介する前に完売してしまったのですが
lirotoさんにご相談したところ
急遽
譲っていただき再入荷しました
お見逃しなきようお早めにご覧ください
 
 
 
フレアワンピース(liroto) ¥45,000+税

lirotoのHPはこちらよりご覧いただけます

片貝木綿のきもの

2018年11月4日

片貝木綿のきものの
新作が入荷しました

トリコロールの大胆なストライプ
片貝木綿のやわらかでほっこりとした風合いで
肌馴染みのよい落ち着いた印象に
仕上がりました

裾にはネイビーのベルベットの切替が
上品な存在感を放っています
ベルベットの帯や羽織と合わせて
おそろい感を楽しんでいただくのもおすすめです

木綿のきものは秋冬春の
3シーズンお召しいただけますので
日々のワードローブとして
とても活躍してくれます
 
 

・オルコット きもの・象牙 ¥59,000+税
・月影 インド刺繍帯・紺 ¥59,000+税

AODRESS 小花のグラデーション

2018年11月3日

AODRESSのインド刺繍シリーズ
細かな小花のグラデーションの
おそろいの帯と半衿です

繊細な刺繍ワークによって表現された
朝凪(あさなぎ)の水面の色が
静かに移り変わるような
奥行きのある豊かなグラデーション

落ち着いたグレー調の色味は
どんなきものにもやわらかく馴染み
半衿と帯とおそろいでコーディネートしていただくと
いっそう素敵な着姿を楽しめます

インドの職人と制作する
伝統的な手法にこだわりながら
ものづくりを行なうAODRESSのアイテムは
メゾンでもたくさんのお客様に支持されています
ぜひお手にとってご覧ください
 
 
 

『朝凪 インド刺繍京袋帯・灰』 ¥59,000+税
『朝凪 インド刺繍半衿・紺』 ¥12,900+税

新しいキャピュレットドレス

2018年11月2日

オープンから欠品が続いていた
人気の「キャピュレットドレス」
このたび素材を変更して
リニューアルしました

麻の素材はそのままに
少し地厚のものにしています
以前のキャピュレットドレスより
襟ぐりを広く取り
ゆったりしたデザインになりました

ブラックとチャコールグレーの
二色での展開です
店舗にてご試着いただけますので
ぜひご覧ください

同じ生地で仕立てた
マントも近日リリース予定です
おそろいでお召しいただくのもおすすめです
こちらはブラックのみ一足先に
店舗にてご覧いただけます

 
 

・キャピュレットドレス・ブラック ¥42,000
・キャピュレットドレス・チャコールグレー ¥42,000

eb.a.gosの展示会に行ってきました

2018年11月1日

先日eb.a.gosの2019ss展示会に
スタッフみんなで行ってきました

eb.a.gosのアトリエは
埼玉県の越谷の静かな住宅街にあります
ここで毎日職人さんたちがものづくりをされていて
年に2回 この場所で展示会も行われています

力強くてわくわくするようなラインナップ
春夏のドレスやゆかた、夏きものに合わせたら
素敵だなとドキドキしながら選んできました
ぜひ楽しみにお待ちください

神楽坂の店には秋冬のバッグも届きました
リトアニアでつくられたバーチの合板の持ち手に
紅藤を編み込んだバッグ
異素材同士を編み込むのにすごく苦労したとか
こちらは一点のみの取扱いとなります
ぜひお店にてご覧ください

バッグ(eb.a.gos)¥70,000+税

神楽坂さんぽ vol.1

2018年10月31日

ドゥーブルメゾンへ向かって
赤城坂をくだってゆくと
木の引き戸が印象的な
「kojien」という花屋さんがあります

お店の中二階にある大きな木も
オープンの際 kojienさんに
素敵に飾ってもらいました

かつて印刷工場だった場所に
たくさんの草花がずらりと並び
フラワーアレンジメントの
教室も開催されています

色鮮やかな花や
季節の草木、木の実を使った
風情ある佇まいの花束は
プレゼントにもおすすめです

kojien
〒162-0817 東京都新宿区赤城元町3-4
東西線 神楽坂駅 神楽坂方面出口より徒歩2分

片貝木綿のきものと「AODRESS」の帯、リリースしました

2018年10月30日

シーズンを選ばない綿素材の片貝木綿のきものと
「AODRESS」のインド刺繍の帯をリリースしました

今回のきものと帯のスパイスは「ベルベット」。
きものの裾の切り替えや袖口のパイピングに
ベルベットを使い、帯とお揃い感を出しています

きものは新潟県小千谷で織られる片貝木綿、
帯はインドの刺繍職人による丁寧な手仕事と
どことなく温もりを感じます

片貝木綿のきものとインド刺繍の帯は
神楽坂のお店でもご覧いただけます

詳しくはこちらをご覧ください

・オルコット きもの・象牙 ¥59,000+税
・ミセス・マーチ きもの・銀鼠 ¥59,000+税
・月影 インド刺繍帯・紺 ¥59,000+税
・美園 インド刺繍帯・黒 ¥59,000+税

ギンガムチェックのクラッチバッグ

2018年10月28日

黒のギンガムチェックに
大きながまぐち仕様のクラッチバッグ
ドゥーブルメゾンではおなじみの
wild rose hips(ワイルド ローズ ヒップス)との
コラボのバッグです

wild rose hipsのバッグは
デザイナーの酒井さんが
全てひとつひとつ手づくりされています

中の裏地もギンガムチェック
口が開きすぎないよう中にはベルトが付いていたり
ベルベットのリボンを外側に出すと
ハンドバッグにもなります

可愛らしいデザインだけでなく
使う方のことを想った
小さな嬉しい工夫が詰まっているのも
酒井さんの作品の魅力です

メモリアルチェック クラッチバッグ ¥23,000円+税

片袖のカシミアケープ

2018年10月27日

昨年 emic:eticとダブルネームで
つくったモンパルナスケープ
片側だけが手編みの和紙の
袖付きになっている少し変わったデザインです

身体をすっぽりと包めるサイズですので
洋服にぐるぐると巻いたり
着物に羽織っていただいてもおすすめです
付属の大きなピンでざくっと
留めていただくと素敵なアクセントに

上質な美しい艶のカシミアが
すごくお気に入りで
手元に少し生地を残しておいたのですが
今回すべてケープとして
仕立てることになりました

今おつくりできる分は
こちらで最後になります
予約販売を開始しましたので
詳しくはスタッフまでお声がけください

モンパルナスケープ ¥39,000円+税

eb.a.gosのシューズと本

2018年10月22日

現在店舗の2階でご覧いただける
eb.a.gos(エバゴス)は
バッグのほかにシューズも
多数取り揃えています

牛革のエナメル仕上げの
ワンストラップと紐シューズ
こちらは工程の多い
本エナメルを使用しています

また乗馬用の革として作られる
ブライドルレザーを使用した
ワンストラップと紐シューズも人気です
革本来の深い味わいをお楽しみいただけます

ご一緒にブランド設立20周年を迎えたエバゴスの
初の書籍も数冊ですがご用意しております
これまでの道のりをさまざまな角度から
見つめることができる読み応えたっぷりの一冊です
ぜひ、お手にとってご覧ください!
 
 

 
 
シューズ ¥32,000~¥42,000+税
本 ¥8,000+税

 

冬に着る、きものの羽織りもの

2018年10月21日

秋がいっそう深まり
朝夕なんかはめっきり
冷え込むようになりました

毎年この時期になると
きものの上には何を着れば良いですか
とご相談いただくことが多くなります
そんなときドゥーブルメゾンでは
ベルベットの羽織をおすすめさせていただいています

上品な光沢と温かな着心地のベルベットは
乙女心をくすぐる冬の素材
裏地は黒のギンガムチェックで
歩くたびにちらりとのぞきます

漆黒のベルベットは
伝統的な和柄のきものにも
ギンガムチェックやレースのきものにも合わせやすいので
羽織ものをまず1枚という方にもおすすめです

 詳しくはこちらをご覧ください
 ベルベット羽織・黒 ¥59,000+税

 
 
 

首もとを彩るつけ襟

2018年10月20日

編み物を中心に活動されている
くげなつみさんのレース編みのつけ襟

秋冬のベルベットやニットの
首元に添えると上品な華やかさが
お顔周りを彩ります

絶妙な肩のラインを
ひとつひとつ手編みで調整しているため
首周りに優しく収まります

種類は全部で5種類です
一部商品はWEBストアからも
オーダーいただけます
 
  
 
詳しくはこちらをご覧ください
レースつけ襟・フィユ ¥18,000+税
レースつけ襟・シャルマン ¥18,000+税  
レースつけ襟・ボーテ ¥14,000+税

メゾンクチュール バッグ入荷しました

2018年10月19日

メゾンクチュールで
人気のトートバッグシリーズが
店舗に入荷しました

レースやアンティークのパーツの
コレクションの中から
お気に入りを選んでは
ひとつひとつデザインを考えてつくっています

どんな方のもとにお嫁に行くのか
そんなことを考えながら
少しずつ手作業で制作しているため
どれも1点ずつでのご紹介となります

ご来店いただいた際の
出逢いの楽しみになれば嬉しいです

 

トートバッグ・大 ¥10,000+税
トートバッグ・小 ¥9,000+税

白いレースのつくり帯と 襦袢

2018年10月18日

ご要望の多かった白いレースの
つくり帯と襦袢を
カメリアレースとおそろいの生地で
つくりました

つくり帯は胴部分と飾り結び部分が
セパレートになっており
枕を入れたお太鼓結びのような
大人っぽい後ろ姿です

白いレースの襦袢は
レースのきものだけでなく
お持ちのフォーマルなきものにも
合わせていただけるような
清楚で上品なイメージに仕上げました

店舗とWEBストアにて
ご予約いただけます
ぜひご覧ください

詳しくはこちらをご覧ください
カメリア レースつくり帯・乳白 ¥29,000+税
カメリア レース襦袢・乳白 ¥29,000+税

emic:etic ドレープコート

2018年10月15日

昨年の冬に
片袖のモンパルナスケープで
コラボさせていただいたemic:etic

現在2階のセレクトコーナーでは
emic:eticのドレープコートを
ご覧いただけます

生地や素材に垣間見える魅力や佇まい
それを存分に活かしたクラシカルなデザイン
それはデザイナーの山下公子さんの持つ
絶妙な感覚によって生みだされています

emic:eticの魅力が詰まった
リネンウールのコートは
ネイビーと生成でのご用意です
ぜひ手にとって感じていただければと思います
 
 

 
ドレープコート(emic:etic) ¥47,000+税
(こちらは神楽坂の店舗でご覧いただけます)

emic:eticのHPはこちらよりご覧いただけます

ギンガムチェックのエプロン つくりました

2018年10月14日

お店のオープン時に
スタッフ全員が着ていた
ギンガムチェックの前掛けエプロン

たくさんのお客様から
商品化のご要望をいただきましたので
より使い勝手の良いようデザインをし
少しだけですがおつくりしました

大きなギンガムチェックに
リボン部分は小さなギンガムチェックを合わせました
作業に役立つようお腹部分には
3つに仕切ったポケットをつけています

きものにも洋服にも使えるエプロンは
仕事用にお求めいただくお客様もいらっしゃいます
店舗にお越しの際はぜひご覧ください

・ギンガムチェックのエプロン ¥4,900+税
(こちらは神楽坂の店舗でご覧いただけます)

TOWAVASE(トワヴァーズ)

2018年10月13日

TOWAVASE(トワヴァーズ)とは
日本語で永遠を意味する”TOWA”
仏語で花瓶を意味する”VASE”をあわせた言葉

「永遠に主役を引き立てる脇役であること、
そして永遠に過去から未来へ
大切に引き継がれていく花瓶の様であること」という想いが
ブランド名には込められています

東洋の職人の技術や文化に敬意と愛着を持ち
西洋の空気と融合させるものづくりで
知らない時代への憧れを抱き
次の世代に伝えられるものを目指しています

今回ドゥーブルメゾンの店舗では
シルクオーガンジーのワンピース
スカラップカットのリネンのワンピース
人気のキルティングローブをご用意しております
ぜひみなさまにご覧いただきたいです

・シルクオーガンジーのワンピース ¥79,000+税
・スカラップカットのリネンのワンピース ¥83,000+税
・キルティングローブ ¥105,000+税
(こちらは神楽坂の店舗でご覧いただけます)

聖歌隊シルエットのコート

2018年10月11日

教会の礼拝やミサで
賛美歌を歌う聖歌隊
そのヴィンテージの衣装から
インスピレーションを受けたコートです

ふんわりとやわらかく
裾に向かってボリュームのあるライン
肩から袖口にかけて釣鐘のように広がる
ベルスリーブで可愛らしさを添えて

両手を胸の前で合わせると
祈りを捧げる姿が想い浮かびます

フレンチリネンの軽やかなコートで
今の季節にもちょうどよく
冬にはベルベットや厚手のリネンなど
合わせていただくのもおすすめです

詳しくはこちらをご覧ください
コーラスガウンコート ¥39,000+税

人形のドレスのような

2018年10月8日

きゅっとベルトで絞った
ウエストから広がる裾
人形のお洋服のようなシルエットに
プペ(仏:人形)コートドレスと名付けました

たくさんのくるみボタンは
グラデーションを描くように
裾につれて間隔が広くなり
右の裾には大きなポケットがついています

ボタンを全て外して羽織れば
コートとしてもお召しいただけます

ワントーンでまとめた
大人っぽいベージュと
配色でボタンをあしらった
可愛いらしいネイビーの2色がございます

詳しくはこちらをご覧ください
プペコートドレス・ベージュ ¥45,000+税
プペコートドレス・ネイビー ¥45,000+税

エバゴス 紅籐とブライドルレザーのバッグ

2018年10月7日

現在店舗にて取扱をしている
エバゴスのバッグのご紹介です

デザイナーのソガベ・ミカさんによって誕生した”eb.a.gos”
バッグをはじめとするものづくりを
たくさんの職人さんと共に20年間続けられています

乗馬用の革として作られるブライドルレザーと
主に家具などに使用される硬く丈夫な”紅籐”は
エバゴスの代表的な素材
それぞれの素材の個性を活かしながら
職人の手によってひとつひとつ丁寧に作られています

ドゥーブルメゾンではただいま
紅籐で編んだトート型のかごバッグと
貴重なブライドルレザーを贅沢に使ったバッグの
3アイテムをご用意しています
お色違いもございますのでぜひご覧ください

新しいセレクト入ります !

2018年10月6日

神楽坂の店では
本日より新しいセレクトの
取扱いがスタートします !

エバゴスのシューズ バスケット
トワバーズのワンピース コート
emic:eticのドレープコート

いつもお世話になっている
大好きなブランドから
メゾンの秋冬のクローゼットのため
セレクトいたしました

店舗の2階にてご覧いただけます
少ない数での入荷のため
お見逃しなきよう !

振袖、お仕立てします

2018年10月2日

成人式に向けて振袖のお問合せを
多数いただいております

ドゥーブルメゾンでは、
一部のレースきものを振袖にして
お仕立てするサービスを行っています
右の画像にあります
ラマージュ レースきもの・翡翠
ラマージュ レースきもの・墨黒
カメリア レースきもの・乳白
カメリア レースきもの・薄鼠
です

振袖については仕立てあがり品ではなく、
お客様の寸法に合わせてお仕立てをいたします

詳しくはinfo@doublemaison.comから
メールにてお気軽にお問い合わせください

今年も届きました、インド刺繍の帯と半衿

2018年10月1日

aodressのインド刺繍の帯と半衿
今年もインドから届きました
繊細な刺繍ワークに
思わず見入ってしまうアイテムです

aodressさんの絶妙な
デザインと色合わせが
現地の職人さんの手によって
表現されています

風合いのあるリネン地に
小花柄の刺繍やビーズ刺繍
今回初めて白いベルベット地にも挑戦しました

aodressの半衿と帯は
店舗にてご覧いただけます
半衿と帯でおそろいの柄合わせなども
ご用意していますので ぜひお運びください

【9/30(日)営業時間の変更について】

2018年9月30日

本日9/30(日)は大型台風24号の影響により
誠に勝手ながら ドゥーブルメゾンの店舗は
17時閉店とさせていただきます

ご来店を予定されていたお客様
誠に申し訳ございません
ご理解ご了承のほどよろしくお願いいたします

tamasのギンガムチェック

2018年9月29日

tamasの新作のご紹介です
ドゥーブルメゾンのギンガムチェックを
つくってほしい !とお願いしたところ
本当につくってくださいました

小さなアンティークビーズを
ひとつひとつ縫い付けて
黒白のギンガムチェックを
表現してくださっています

帯留めにも使える
丸と四角とリボンの形をしたブローチの他に
イヤリングとピアスもご用意しました

こちらのシリーズは
店頭とWEBストアにてご予約承っています
お届けは10月の中頃です
ドゥーブルメゾンのオリジナルtamas、お見逃しなく !

詳しくはこちらをご覧ください
タマスの帯留ブローチ ギンガムラウンド ¥16,000+税
タマスの帯留ブローチ ギンガムリボン ¥23,000+税
タマスの帯留ブローチ ギンガムバンド ¥26,000+税
タマスのイヤリング ギンガム ¥22,000+税

ふくれ織りで描く、帯

2018年9月27日

大きな木を描いた帯
ドゥーブルメゾンで
ふくれ織りという技法に
初めて挑戦しました

強撚糸と無撚糸を緻密な計算のもとに
織り上げるふくれ織りは
ぷっくりとした立体的な
柄の風合いが特徴です

ブランドスタートからお世話になっている
京都西陣織の老舗織元でつくっていただきました
オフホワイトのシンプルなデザインに
深みのある技法がつまった帯です

レースのきものや柄物のきものにも
コーディネートしてお召しください
こちらは店舗とWEBサイトでご覧いただけます
 

詳しくはこちらをご覧ください
ツリーふくれ織 京袋帯・生成 ¥59,000+税

tamasの受注会 もうすぐ終了です!

2018年9月21日

神楽坂のお店ではtamasの受注会を
9月24日(月)まで開催しております。

tamasはフランスヴィンテージのビーズや
スパンコールを使用して、
ひとつずつ手作業で作られている
アクセサリーのブランドです

受注会ではきらきらしたブローチやイヤリングなど、
たくさんのアクセサリーがご覧いただけ、
毎日皆様に大変喜んでいただいております

ひとつひとつ丁寧につくられたアクセサリーから
お気に入りをオーダーできる貴重な機会
ぜひ神楽坂でご覧ください

tamas

ちょうちょとアンティークの足袋

2018年9月20日

2つの白い足袋をつくりました

ひとつはちょうちょの刺繍
mina perhonen(ミナ ペルホネン)の
テキスタイル”choucho”を少しだけ譲っていただき
つくった足袋

もうひとつは
アンティークのテーブルクロスで仕立てた足袋
ほんのり花の模様が織られている
お気に入りの生地です

どちらも貴重な生地を使っていますので
数足ずつのご用意です
残り少なくなってきましたので
お早めにご覧ください

ドゥーブルメゾンの女の子

2018年9月16日

ドゥーブルメゾンに住む女の子たち
彼女たちのクローゼットには
隅々までお気に入りのもので満たされていて
それを身に着けるだけで得意になるのです

ドゥーブルメゾンのオープンにあわせて
店内に小さな女の子たちが揃いました
人形作家のgrand jete(グランジュテ)さんに
つくっていただきました

メイリリーに ロビンソンに ケイト
他にもおなじみの女の子が
お気に入りのドレスで着て
お待ちしております

人形はお店にてオーダーもいただけます
詳しくはスタッフにお声がけください

・ドゥーブルメゾンの女の子のお人形(grand jete) ¥29,000+税
(こちらは神楽坂の店舗でご覧いただけます)

メゾンクチュール はじめます

2018年9月15日

店という場所ができたら
ずっとやりたかったことのひとつです

ドゥーブルメゾンのきものや洋服に
リメイクというひと手間を加えた
そこでしか見られないもの

現在 店内では
アオドレスのインド刺繍や
YUKI FUJISAWAさんの箔プリント
アンティークのレースやパーツを
あしらったメゾンリメイクをご覧いただけます

これから少しずつ展開していく予定の
メゾンクチュール
一期一会な出逢いもご来店の楽しみに
していただけたらと思います
 
  
 

 
営業時間 12:00~20:00
定休日 火・水曜日
東京都新宿区赤城元町3-2
TEL 03-5946-8313

三角屋根の小さな家で

2018年9月13日

オープンから2週間
たくさんの方にお越しいただき
お店を見ていただきました

店に選んだのは旧い製本工場
神楽坂を歩いて探して
偶然見つけた場所です

納屋をイメージして
リノベーションした店内
どっしりとしたアンティークのドア
西陽の差す夕暮れ時

大きなクローゼットに
はじまりとこれからの気持ちを
いっぱいに込めて
このまちで歩んでいきます

はじまりのエンドロール

2018年9月10日

 
 
小さな家のオープンのため ご尽力を頂いた
胸いっぱいのSpecial Thanksを書かせてもらいます

優しい息吹とともにとことん付き合ってくださった黒田益朗さん
いつも気持ち良いガテンな返事をくれた大重くん
設計をしてくださった頼もしいお隣のアイダアトリエの皆さま
プレオープンをしきってくれた我らの黒田トモコさん
空間に彩りをくださった音楽の吉本宏さん
私の目印だった神楽坂の 小路苑さん
メゾンの最終兵器 塩川いづみさん

内装を飾ってくださった
とっても癒しな博多の兄貴 クランクの藤井兄弟
ほんわか癒しの 福岡トラムさん
東京の真の少女系雑貨屋のブラウニーアンドティールームさん

プレオープンのケータリングは
お家のクッキー O-kitchenさん
麻布十番の美味しいパン屋のアレ フランス カフェ ダリアさん
いつも素敵なドリンクBE A GOOD NEIGHBOR COFFEE KIOSK 苺ちゃん
お土産のお家のクッキー la cle カギヤママリさんは福岡から届きました

オープンのかわいいを飾ってくださった
おなじみタマス!アオドレスちゃん!ワイルドローズヒップス!
ユキフジサワちゃん お人形のグランジュテさん ニットのくげさん

ずっと支えてくださっている
アンティパスト プチローブノア ガサ エバゴス ミナペルホネン
エクシードの皆さま、、、and more
そしてコスナさん 森祐子さん 菊地敦己さん!

お名前を書ききれなかった たくさんのたくさんの皆さま
皆さんの力添えがあってこそ開いた扉でした

大事に大事に育てていきます

本当にありがとうございました!!

おおもりようこ

DOUBLEMAISON お店までの行き方

2018年8月31日

9月1日よりオープンする
ドゥーブルメゾンの
お店までの行き方です
地下鉄東西線の神楽坂駅から徒歩3分の場所です

kitasandou

 

 

 

 

 

 

 

最寄りの駅は地下鉄東西線の神楽坂駅です

aIMG_1449

 

 

 

 

 

 

 

神楽坂駅の1番出口から神楽坂通りに出て
左にすすみます

aIMG_1453

 

 

 

 

 

目の前にファミリーマートがみえます
その道を左へすすみます

kitasandou

 

 

 

 

 

 

 

20mほど進むと目の前に赤城神社がみえます
赤城神社に向かって左手へすすみます

aIMG_1453

 

 

 

 

 

左へすすむとすぐ三叉路がみえます

aIMG_1453

 

 

 

 

 

右の坂道をゆるゆるとくだります

aIMG_1453

 

 

 

 

 

30mほど進むと左手に
kojienという花屋さんがみえます

kitasandou

 

 

 

 

 

 

 

 

kojienから四軒奥
三角屋根の小さな家が
DOUBLEMAISON です

神楽坂でむかえる
新しい装いの物語のはじまり
みなさまのお越しを心よりおまちしております

グランドオープン
2018年9月1日(土) 12:00〜20:00 (火・水 定休日)

東京都新宿区赤城元町3-2
東京メトロ東西線神楽坂駅1番出口 3分

おそろいの生地の缶バッチ

2018年8月28日

ドゥーブルメゾンでは
お気に入りの生地で
ドレスやきものをつくります

お気に入りをいつでもそばに
身につけていられるよう
おそろいの生地を使って
缶バッチをつくりました

ドレスに合わせたり
トートバッグにつけたり
どこにでもつけて楽しんでいただきたいです

店のオープンを記念して
塩川いづみさんに家のイラストを
描いていただきました
ぜひ お店でご覧ください
 
 
 
グランドオープン
2018年9月1日(土) 12:00〜20:00 (火・水 定休日)

東京都新宿区赤城元町3-2
東京メトロ東西線神楽坂駅1番出口 3分

 

ギンガムチェックと白の世界

2018年8月27日

9/1(土)の神楽坂
ドゥーブルメゾンの店が
いよいよオープンいたします

皆様との新しい「はじめまして」に選んだものは
“ギンガムチェック”と”白”の世界

2階建ての小さな家に
ドゥーブルメゾンでおなじみの
「ギンガムチェック」と
はじまりの気持ちを込めた「白」を
いっぱいに集めました

ぜひご覧いただければ嬉しいです
 
 
 
グランドオープン
2018年9月1日(土) 12:00〜20:00 (火・水 定休日)

東京都新宿区赤城元町3-2
東京メトロ東西線神楽坂駅1番出口 3分

 

ポイントシステム終了のお知らせ

2018年8月22日

いつもドゥーブルメゾンをご愛顧いただき
誠にありがとうございます

このたび9月1日よりドゥーブルメゾンは
初めてのお店を構え、新しい日々を迎えます
これまではWEBショップメインでの運営のため
お客様には実際に商品をお手にとってご覧いただけないかわりに
ポイントというサービスで補ってまいりましたが
これからは店という場で
スタッフ一同 より良いサービスに努めたいと思います

つきましてはWEBショップのポイントシステムを
本年8月31日(金)をもって終了させていただきますことを
ご了承ください

既にお持ちいただいているポイントは
2019年3月31日(日)までWEBショップ上にてご利用いただけます
上記以降はポイントの使用が出来ませんのでご了承ください
 
 
ポイントは終了いたしますが
これからはお客様と夢やときめきを共有できますよう
ドゥーブルメゾンらしい方法で
イベントや企画を考えていきたいと思っています
 
 
 
2018年8月21日(火)
ドゥーブルメゾン

小物から秋の装いへ

2018年8月15日

8月ももう半分過ぎようとしています
そんな中 ひとあし先に
秋の装いにぴったりなバッグのご紹介です

光沢感のある黒のベルベット
あけたときちらりと見えるギンガムチェック
ドゥーブルメゾンでおなじみの
素材を組み合わせました

一点一点手作業で仕上げられた
wild rose hips(ワイルドローズヒップス)との
ダブルネームの特別なアイテムです

バッグの内側には紐通しもついているので
ショルダーバッグとしてお使いいただけます
かわいくて使い勝手のよいバッグ
ワードローブに加えてみてはいかがでしょう

『ベルベット クラッチバッグ・黒』

ギンガムチェックのきもの

2018年8月12日

二十四節気ではもう立秋
秋は少しずつ近づいています
ゆかたではしゃいだ夏のあとは
きもので秋を感じてみてはいかがでしょう

本日ご紹介するのは
ギンガムチェックのきもの
裏地を使わない綿麻の単衣仕立てなので
まだ暑い9月にも迷わずお召しいただけます

ムラ感のある風合いが特徴の
オリジナルのギンガムチェックの綿麻生地を
100年前の古い力織機のある播州の機屋で
つくってもらいました

同じ生地でつくり帯もご用意しています
ギンガムチェックで揃えたコーディネート
ぜひおためしください

『メモリアルチェック きもの・黒』
『メモリアルチェック つくり帯・黒』

おそろいで着るゆかた

2018年8月8日

先日のゆかた展で
ご友人同士やご夫婦で
おそろいのゆかたを
選ばれれていた方がいらっしゃいました

アーカイブゆかたの中でも
人気だった紅鏡の柄を
仲良しのふたりで着てくださった
お写真が届きました

おそろいの柄の色違いのゆかた
並んだ姿が素敵に映えて
夏の特別な思い出になります

ゆかたは各種
色違いをご用意しています
ぜひご覧ください

『ゆかた 紅鏡・緑』
『ゆかた 紅鏡・水色』

オリジナルレースの振袖

2018年8月6日

夏休み期間の8月は
来年、再来年にむけて
振袖を探される方が多い季節です

双子の姉妹でおそろいのレースの振袖を
素敵に着てくださったお客様から
前撮りのお写真が届きました

人生に一度きりの特別な日
お手伝いできたことを
スタッフ一同嬉しく思います
ありがとうございました

ドゥーブルメゾンでは
図案や糸選びから取り組んだ
オリジナルレースの振袖を
白と黒の二色ご用意しています
ぜひご覧ください

『DOUBLE MAISON × やまと 振袖・乳白 』
『DOUBLE MAISON × やまと 振袖・墨黒 』

ゆかたに合わせるタビソックス

2018年7月31日

先日のゆかた展にて
ドゥーブルメゾンの
タビソックスの柄を
ネイルにしてくださっている
お客様がいらっしゃいました
繊細な柄が上手に表現されていて
とても可愛かったです

アンティパストさんと作った
小花がリボンのように連なる柄のタビソックス
透け感のある素材なので
夏のゆかたにもぴったりです

鼻緒のすれをやわらげながら
ゆかたとあわせて
足元がぱっと華やかになる
コーディネートに

カラーバリエーションも
たくさんなので
お気に入りのゆかたとあわせて
おたのしみください

『アンティパスト タビソックス ブーケ・朱』
アンティパスト ほかのカラーはこちら

神楽坂まつりです !

2018年7月26日

昨日から神楽坂では
「神楽坂まつり」が
開催されています

スタッフみんなで
遊びにいってきました
通りには賑やかに提灯が灯り
神楽坂を代表するグルメがずらり

お天気や季節で装いが変わる
コボちゃん像も今日はゆかたです !
先日のゆかた展でお求めくださった
ゆかたを着たお客様にもお会いできて
とても嬉しいきもちになりました

昨日今日までがほおづき市で
明日、明後日には阿波踊りがみれます
ぜひ、足を運んでみてください

着付けがかんたん、つくり帯

2018年7月24日

先日のゆかた展で
ゆかたまでは着れるけど
帯び結びが難しいという声を
多く耳にしました

そんな方には
気軽に 簡単に結べる
つくり帯がおすすめです 

ぐるっと胴に巻いて
紐を結ぶだけで
簡単に着付けることができます

帯結びにお悩みの方は
ぜひお試しください !

『メモリアルチェック つくり帯・黒』

続きを読む…

雑誌掲載情報【リンネル 9月号】

2018年7月20日

本日発売の発行の
【リンネル 9月号】の
「手しごと ことこと」ページで
女優の高畑充希さんが
ドゥーブルメゾンのゆかたを着てくださっています

ギンガムの中に提灯(ランタン)を忍ばせた
『ギンガムランタン』を可愛く着こなしてくださっています
高畑さんのやわらかな雰囲気と
とても似合っていらっしゃいます!

このギンガムランタンも
2017年の「江戸」シリーズです
だまし絵のような大人かわいい
ギンガムチェックが人気の秘密です

書店でどうぞご覧ください

掲載雑誌:リンネル

ドゥーブルメゾンの、江戸スタイル

2018年7月19日

先日のゆかた展で
お客様の注目を集めていた
2017年「江戸」をテーマにした
ユニークで愛らしいゆかたたち

北斎や若冲など
迫力のある江戸時代の浮世絵に
メゾンらしいかわいい遊び心を添えて
デザインしたシリーズです

カフェオレボウルの中で小さくダイナミックに
荒れ狂う波が印象的な『荒ぶるカフェオレ』
二匹の鶏が寄り添って
鮮やかに昇る太陽を見上げる『トーテンコー』

海底を酔っ払いながら
千鳥足でゆらゆら泳ぐ蛸の『ギヤマン徳利』
メゾンが提案する少し風変わりな
江戸スタイルをおたのしみください

てぬぐい、リリースしました

2018年7月17日

ゆかた展「神楽坂と、ゆかたと」で
好評を博しましたてぬぐい
たくさんのお問い合わせをいただき
WEBストアでもリリースいたします

塩川いづみさんに描いていただいた
メゾンセレモニーのイラストです

思い思いの夏の装いをたのしむ
ドゥーブルメゾンの女の子たちが
勢揃いしたにぎやかなデザイン
ゆかたのメゾンセレモニーとおそろいです

白地に茄子紺をのせて
涼しげな大人な夏の色合いにしました
おでかけのおともにどうぞ
 
 

『てぬぐい メゾンセレモニー・白』

夏の風をはらんで

2018年7月14日

梅雨あけとともに
連日厳しい暑さが続いています
夏空がまぶしい季節となりました

薄手のやわらかなデニムリネンが
心地よい肌触りの「ポムドレス」
たっぷりのボリュームで仕上げた裾は
夏の風をはらみふわりと膨らみます

生地を幾重にも重ねてつくったパフは
スチームをあてて更に膨らみを増し
軽やかな印象が夏にぴったりです

襟元がゆったり開いていますので
この季節には一枚でさらりとお召しいただき
秋にはブラウスなど重ねてお楽しみください
 
 

コーディネート商品
『ポムドレス・デニムリネン』
『木底サンダル・白』

大人な帯結びアレンジ

2018年7月13日

いよいよ夏本番 !
再来週には「神楽坂まつり」や
「隅田川花火大会」が開催されます
今年はどんなコーディネートにしよう…
と考える時間さえもたのしいですね

ゆかた展でお話しをしていると
リボン以外の大人っぽい結び方が知りたい !
とのお声を多く聞きましたので
いくつかご紹介させていただきます

凛々しくふっくらとした丸みが可愛らしい
大人の女性らしさがある「割角出し」
すっきりとした粋な「吉弥結び」
ぺたんこなので椅子に座る時も安心です

同じゆかたでも帯結びを変えるだけで
印象はがらりと変わります
ぜひ、参考にされてみてください
 
  
 
 
コーディネートに使用した帯
写真上:『籠ストライプ 両面半巾帯 緑・桃』
写真下:『ローズアラベスク 両面半巾帯 牡丹・灰』

ゆかた展、ありがとうございました

2018年7月10日

6/28〜7/1、7/5〜7/8の
8日間にわたり開催しました
ゆかた展「神楽坂と、ゆかた展」

たくさんのお客様にご来場いただき
本当にありがとうございました

お久しぶりに皆さまと
お会いして、お話しをして
とても楽しく貴重な
ひとときとなりました

お客様からいただいた
嬉しい言葉や力をしっかりと胸に抱き
スタッフ一同お店のオープンに向けて
また一歩進んでいきたいと思っております

【キナリノ】でご紹介いただきました

2018年7月7日

ライフ情報メディア【キナリノ】の
キナリノマガジンno.51「浴衣ガール」にて
ドゥーブルメゾンのゆかたをご紹介いただきました

織田梨沙さんが『午後三時、花をそそいだら・黄』
夏いっぱいに着こなしてくださっています
『時には木陰で寝転んで・青』
素敵なコーディネートでご紹介いただいています

スタイリングはドゥーブルメゾンでも
おなじみの遠藤リカさんです

キナリノマガジンno.51「浴衣ガール」はこちらから !
夏の装いのヒントが盛りだくさんです
ぜひ、ご覧ください

ゆかた展限定で、ご覧いただけます

2018年7月6日

あいにくの雨にも関わらず
たくさんのお客様にご来場いただいている
ゆかた展「神楽坂と、ゆかたと」

会場ではゆかただけでなく
サマードレスも多数取り揃えています

新作のドレスはもちろん
WEBストアではまだ発表していない
ドレスやコートも先行でご覧いただけます

また、人気のエバゴスのサンダルや
バッグを数量限定でご用意しておりますので
ぜひ、こちらもご覧ください

 

DOUBLE MAISON「神楽坂と、ゆかたと」
6月28日(木)~7月1日(日)
7月5日(木)~7月8日(日)
時間はいずれも12時〜20時

場所:RITZ神楽坂(神楽坂プリュス2階)
東京都新宿区神楽坂6丁目58
東京メトロ東西線、神楽坂駅1番出口より徒歩3分
都営地下鉄大江戸線、牛込神楽坂駅A2出口より徒歩5分
JR飯田橋駅より神楽坂を上がり徒歩10分
tel 090-4914-2605(会期中のみ)

ゆかた展のあとには、神楽坂さんぽ

2018年7月4日

明日7/5(木)より
ゆかた展『神楽坂と、ゆかたと』の
第2部がはじまります

会場では神楽坂のおすすめのお店を集めた
てづくりマップをお配りしています
美味しいご飯やスイーツ、可愛い雑貨屋さんなど
神楽坂には素敵なお店がいっぱい

ゆかた展のあとには
美味しいスイーツでひと休み
どっしりとしたまんじゅうが評判の
古民家カフェ「マンヂウカフェ」
かわいい看板猫がいます

老舗の甘味処「紀の善」では
クリームあんみつや抹茶ババロアなど
日本の夏を感じれる和のスイーツもたのしめます
週末はぜひ、神楽坂散策をおたのしみください
 
 

DOUBLE MAISON「神楽坂と、ゆかたと」
6月28日(木)~7月1日(日)
7月5日(木)~7月8日(日)
時間はいずれも12時〜20時

場所:RITZ神楽坂(神楽坂プリュス2階)
東京都新宿区神楽坂6丁目58
東京メトロ東西線、神楽坂駅1番出口より徒歩3分
都営地下鉄大江戸線、牛込神楽坂駅A2出口より徒歩5分
JR飯田橋駅より神楽坂を上がり徒歩10分
tel 090-4914-2605(会期中のみ)

ありがとうございました !

2018年7月2日

ゆかた展「神楽坂と、ゆかたと」
前半が終了いたしました
ご来場いただいたみなさま
本当にありがとうございます

おひさしぶりにみなさまとお会いできて
とても楽しく嬉しいひとときでした

お客様のサイズでお仕立てできるゆかたや
新作のサマードレス とても好評です !
日傘や扇子も残りわずかとなっています

後半は7/5(木)からはじまります
お会いできるのをわくわくしながら
お待ちしています !
ぜひ、お越しください

 

DOUBLE MAISON「神楽坂と、ゆかたと」
6月28日(木)~7月1日(日)
7月5日(木)~7月8日(日)
時間はいずれも12時〜20時

場所:RITZ神楽坂(神楽坂プリュス2階)
東京都新宿区神楽坂6丁目58
東京メトロ東西線、神楽坂駅1番出口より徒歩3分
都営地下鉄大江戸線、牛込神楽坂駅A2出口より徒歩5分
JR飯田橋駅より神楽坂を上がり徒歩10分
tel 090-4914-2605(会期中のみ)

夏の、なつかしい味

2018年7月1日

ゆかた展 4日目はじまりました!
東京は早くも梅雨が明けたとのこと
良いお天気に恵まれて
すっかり夏日和 !

ゆかた展「神楽坂と、ゆかたと」では
暑い中お越しくださった方に
お飲み物をサービスをしています

甘くすっきりとしたカルピスに
ミントの葉を浮かべました
どこかなつかしい味に
ほっと一息

こちらもどうぞお楽しみください

DOUBLE MAISON「神楽坂と、ゆかたと」
6月28日(木)~7月1日(日)
7月5日(木)~7月8日(日)
時間はいずれも12時〜20時

場所:RITZ神楽坂(神楽坂プリュス2階)
東京都新宿区神楽坂6丁目58
東京メトロ東西線、神楽坂駅1番出口より徒歩3分
都営地下鉄大江戸線、牛込神楽坂駅A2出口より徒歩5分
JR飯田橋駅より神楽坂を上がり徒歩10分
tel 090-4914-2605(会期中のみ)

てぬぐい、人気です!

2018年6月30日

今年の新作「メゾンセレモニー」
ゆかた展のポスターにもなった
塩川いづみさんに描いてもらった
ゆかた姿のメゾンの女の子

てぬぐいもご用意しています
さわやかな白×紺の色合わせ
ギンガムチェックの扇子と合わせて
夏のお供にどうぞ !

縁取るように縫って
綿を綿を中に詰めれば人形になる
ロビンソンの手ぬぐいもご用意しています

ゆかた、洋服以外にも
夏の小物盛りだくさんです
あわせてご覧ください

DOUBLE MAISON「神楽坂と、ゆかたと」
6月28日(木)~7月1日(日)
7月5日(木)~7月8日(日)
時間はいずれも12時〜20時

場所:RITZ神楽坂(神楽坂プリュス2階)
東京都新宿区神楽坂6丁目58
東京メトロ東西線、神楽坂駅1番出口より徒歩3分
都営地下鉄大江戸線、牛込神楽坂駅A2出口より徒歩5分
JR飯田橋駅より神楽坂を上がり徒歩10分
tel 090-4914-2605(会期中のみ)

雑誌掲載情報『GLOW 8月号』

2018年6月29日

本日発売の宝島社発行の
【GLOW 8月号】の表紙で
女優の吉田羊さんが
『エール ゆかた・空色』を着てくださっています

セオα素材の落ち感のあるゆかたに
『ボーダー 博多織 名古屋帯』を合わせた
粋で涼やかな着こなしが
とても素敵です!

吉田羊さんは、なんでも
20年来のきもの好きなんだそう
きもの好きな方にも満足いただける
大人のゆかた、おすすめです

こちらのゆかたと帯は
WEBストアではもちろん、
現在開催中のゆかた展でもご覧いただけます

掲載雑誌:GLOW(グロー)

ゆかた展にあわせて、再登場です!

2018年6月28日

本日より神楽坂でゆかた展がはじまりました
今年の新作だけでなく
これまでのアーカイブゆかたも見れるとあって
会場はたのしくおまつり騒ぎです

今回は残念ながら
東京・神楽坂のみでの開催になります

遠方で会場にいらっしゃれない皆さまとも
夏のたのしみを共有できたらと思い
ゆかた展開催に合わせて 本日より
人気アーカイブをWEBストアにリリースいたします!

選りすぐりの15アイテムです
ぜひゆかたページよりご覧ください

※アーカイブ商品のため数に限りがございます
 SOLD OUTの場合はあらかじめご了承ください

ゆかた展、はじまります!

2018年6月28日

いよいよ本日より
2018年 ドゥーブルメゾン ゆかた展
「神楽坂と、ゆかたと」がはじまります

駅の出口を出て、神楽坂通りをくだっていくと
ドゥーブルメゾンの女の子たちが勢揃いした
大きなポスターがお出迎えしています
こちらから2階へお上がりください

会場は、新作をはじめとするの87種類のゆかた
サマードレス、日傘や下駄などの小物まで
夏の装いがいっぱいに詰まっています

スタッフ一同
皆さまのお越しをわくわくしながら
たのしみにお待ちしております!
 
 

DOUBLE MAISON「神楽坂と、ゆかたと」
6月28日(木)~7月1日(日)
7月5日(木)~7月8日(日)
時間はいずれも12時〜20時

場所:RITZ神楽坂(神楽坂プリュス2階)
東京都新宿区神楽坂6丁目58
東京メトロ東西線、神楽坂駅1番出口より徒歩3分
都営地下鉄大江戸線、牛込神楽坂駅A2出口より徒歩5分
JR飯田橋駅より神楽坂を上がり徒歩10分
tel 090-4914-2605(会期中のみ)

オールスター!てぬぐい

2018年6月26日

いよいよゆかた展まであと2日です
塩川いづみさんのイラストの
素敵なてぬぐいが届きました

ドゥーブルメゾンの女の子が勢揃いした
オールスターの手ぬぐいです
以前たいへんご好評だったものを
この夏に復刻いたしました

ゆかた展「神楽坂と、ゆかたと」にて
1万円(税込)以上お買上の方に
プレゼントいたします

ぜひ、お待ちしております!
 
 
 
DOUBLE MAISON「神楽坂と、ゆかたと」
6月28日(木)~7月1日(日)
7月5日(木)~7月8日(日)
時間はいずれも12時〜20時

場所:RITZ神楽坂(神楽坂プリュス2階)
東京都新宿区神楽坂6丁目58
東京メトロ東西線、神楽坂駅1番出口より徒歩3分
都営地下鉄大江戸線、牛込神楽坂駅A2出口より徒歩5分
JR飯田橋駅より神楽坂を上がり徒歩10分
tel 090-4914-2605(会期中のみ)

RITZ神楽坂までの行き方

2018年6月25日

6/28(木)からはじまる
ゆかた展「神楽坂と、ゆかたと」の会場
「RITZ神楽坂」までの行き方です
地下鉄東西線の神楽坂駅から徒歩2分の場所です

それではスタート!

kitasandou

 

 

 

 

 

 

 

最寄りの駅は地下鉄東西線の神楽坂駅です

aIMG_1449

 

 

 

 

 

 

 

神楽坂駅の1番出口から神楽坂通りに出て
左にすすみます

 

aIMG_1453

 

 

 

 

 

1番出口を出てすぐの左手にファミリーマートがあります
ファミリーマートがある道をまっすぐ下ります

 

aIMG_1456

 

 

 

 

 

60mほど歩くと右側にKIMURAYAというスーパーが見えます

 

aIMG_1458

 

 

 

 

 

KIMURAYAの道路を挟んで隣の並び
クリーニング屋さんの二軒隣がRITZ神楽坂です

 

aIMG_1459

 

 

 

 

 

 

 

RITZ神楽坂の2階に「プリュス神楽坂」と書いてあります
ここが、ゆかた展「神楽坂と、ゆかたと」の会場です

左手奥のエレベーターからお上がりください
みなさまのお越しを心よりお待ちしております!
 
 
 

 
DOUBLE MAISON「神楽坂と、ゆかたと」
6月28日(木)~7月1日(日)
7月5日(木)~7月8日(日)
時間はいずれも12時〜20時

場所:RITZ神楽坂(神楽坂プリュス2階)
東京都新宿区神楽坂6丁目58
東京メトロ東西線、神楽坂駅1番出口より徒歩3分
都営地下鉄大江戸線、牛込神楽坂駅A2出口より徒歩5分
JR飯田橋駅より神楽坂を上がり徒歩10分
tel 090-4914-2605(会期中のみ)

帯飾りが映える、ストライプ帯

2018年6月22日

久しぶりの青空に
初夏の気配を感じます
梅雨があければ夏はすぐそこに!

ゆかたと帯と小物の組み合わせ
考えるだけでわくわくします

そんなおしゃれが映えるような
シンプルなストライプの帯
太い縞ですっきりと
あえてモチーフや装飾はほどこしていません

日々のコーディネートに
可能性が広がります
だけど後ろ姿には、籠がちらり
遊び心も忘れません
 
 

籠ストライプ帯はこちらからご覧いただけます
『籠ストライプ 両面半巾帯 緑・桃』
『籠ストライプ 両面半巾帯 紺・赤』
『籠ストライプ 両面半巾帯 灰・青』

ゆかた展の、お知らせハガキ

2018年6月21日

いよいよ来週6/28(木)からはじまる
ゆかた展「神楽坂と、ゆかたと」
塩川いづみさんのイラストの
お知らせハガキが出来上がりました

イラストは今年の新作ゆかた
『メゾンセレモニー』でも登場した
夏のおめかしをした
ドゥーブルメゾンの女の子たちです

webサイトのメンバー登録をしてくださった都内近郊の方に
このお知らせハガキをお送りしていますが、
住所移転等で届いていない方、
メンバー登録はしていないがお知らせハガキをご希望の方は、
info@doublemaisom.comまで
お送り先、お名前をお知らせください
お送りいたします

※ただしハガキの数に限りがありますので品切れの際はご容赦ください。
※お知らせハガキがなくてもゆかた展にご入場できます。
 
 
DOUBLE MAISON「神楽坂と、ゆかたと」
6月28日(木)~7月1日(日)
7月5日(木)~7月8日(日)
時間はいずれも12時〜20時

場所:RITZ神楽坂(神楽坂プリュス2階)
東京都新宿区神楽坂6丁目58
東京メトロ東西線、神楽坂駅1番出口より徒歩3分
都営地下鉄大江戸線、牛込神楽坂駅A2出口より徒歩5分
JR飯田橋駅より神楽坂を上がり徒歩10分
tel 090-4914-2605(会期中のみ)

雑誌掲載情報『mina 8月号』

2018年6月20日

本日発売の主婦の友社発行の
【mina】8月号で
今年の新作ゆかたを
ご紹介いただいています

掲載は
『西陽の差す部屋に』
『時には木陰で寝転んで』
の2つのゆかた

ストライプ×花柄の
『西陽の差す部屋に・浅葱』
落ち着いた上品な
ヴィンテージブルーがこだわりです

ギンガムチェック×籠の
『時には木陰で寝転んで・灰』
かわいい柄合わをグレーのワントーンで
大人な印象にまとめています

書店でどうぞご覧ください

 
 
掲載雑誌:mina(ミーナ)

日和下駄、新色リリースしました

2018年6月18日

塩川いづみさんの描く
ゆかた姿のケイトが刻印された
大好評の日和下駄

ギンガムチェックの鼻緒に加えて
涼しげなボーダーのものも
新しくおつくりしました

今回は白のゴム底と
夏の青葉のようなグリーンの前坪で
マリンな気分で仕上げました

併せてローズマリーでは
シックな細縞バージョンもご用意しています
ぜひ、ご覧ください
 
 

『日和下駄 ローズマリー・青ストライプ』
『日和下駄 ケイト・青ボーダー』

ポムドレス、リリースしました

2018年6月16日

レッグオブマトンスリーブが
印象的なドレスをつくりました
羊の脚のかたちのように
肩部が膨らみ、袖にむかって細くなる
袖のデザインです

ポムドレスでは、肩口をパフスリーブにして
ボリュームのあるゆったりとした
カジュアルなシルエットと合わせました

やわらかなデニムリネンが
胸元のタックによって
ゆるやかなフレアを描き
裾のサテンの切替が落ち感を演出します

薄手の生地ですので
一枚で涼しげに着ていただくのはもちろん
大きく開いた襟元のデザインを活かして
重ね着を楽しんでいただくのもおすすめです。

『ポムドレス・デニムリネン』

涼しげな装い、小千谷縮

2018年6月15日

梅雨が終われば夏の到来
今年の夏は平年より暑くなると耳にします
とにかく涼しく装いたい方におすすめなのが
小千谷縮の夏きものです

苧麻(ちょま)という上質な麻で
つくられた小千谷縮は
シャリ感があり通気性がよく
風をよく通します

さらに最大の特徴である”しぼ”が
着心地の良さの秘密です
しぼによってできた凹凸が
汗をかいてもべたつかない
さらりとした肌触りを生み出します

今年の夏は涼しげなきものを着て
お太鼓を結んで少し大人な装いを
ぜひ、おたのしみください
 
 
『ウォーターフォール 夏きもの・水』
『フュテュール 博多織 名古屋帯・白鼠』

ゆかた展、夏勢ぞろい

2018年6月14日

雨に濡れた紫陽花が鮮やかに
目に映る季節となりました
梅雨をしのんだら
いよいよ夏が訪れます

6月28日よりはじまる
ゆかた展「神楽坂と、ゆかたと、」では
新作をはじめ これまでのアーカイブゆかたが
勢ぞろいいたします!

会場ではゆかただけでなく
夏のきものの小千谷縮もご覧いただけます
こちらは新作ゆかた同様
お客様のご寸法に合わせてお仕立てを承ります

他にも大人気のガーデンドレスなどの
サマードレスコレクションや
日傘、扇子など夏をたのしむ小物も
取り揃えてお待ちしております

 
 

DOUBLE MAISON「神楽坂と、ゆかたと、」
6月28日(木)~7月1日(日)
7月5日(木)~7月8日(日)
時間はいずれも12時〜20時

場所:RITZ神楽坂(神楽坂プリュス2階)
東京都新宿区神楽坂6丁目58
東京メトロ東西線、神楽坂駅1番出口より徒歩3分
都営地下鉄大江戸線、牛込神楽坂駅A2出口より徒歩5分
JR飯田橋駅より神楽坂を上がり徒歩10分
tel 090-4914-2605(会期中のみ)

雨でも安心、お手入れ簡単ゆかた

2018年6月13日

ゆかたは着たいけれど
お手入れの方法が分からない、難しそう
そんなお問い合わせをよくいただきます

そんな方におすすめなのが
お手入れが簡単な
ポリエステル素材のゆかたです

たくさん汗をかいてしまったり
突然の雨に濡れてしまっても
お家で簡単にお洗濯することができます

袖を合わせて簡単にたたみ
洗濯ネットに入れて洗濯機に入れます
シワにもなりにくいためアイロンがけもいりません
安心してゆかたでお出かけください
 

ドゥーブルメゾンのポリエステル素材のゆかた
『西陽の差す部屋に・海老茶』(写真着用)
『西陽の差す部屋に・浅葱』
『ギヤマン徳利・セピア』
『ギヤマン徳利・マロン』
『エール・空色』
『エール・墨』

腰紐リボン、リリースしました

2018年6月12日

ギンガムチェックの腰紐をつくりました
着姿には見えない部分のこだわりが
ゆかたやきものを着る時間を
より楽しい気分にしてくれます

腰紐としてだけでなく
リボンベルトとしても使えるように
幅を広くし両端もリボンのように
斜めにデザインをしています

和装では帯飾りやしごきとして
洋装ではベルトやリボンとして
ワンピースやスカートに
合わせていただくのもおすすめです

ゆかたの着付けに必要な2本をセットにして
おそろいのギンガムチェックの袋に入れて
お届けいたします
 
 

『ギンガムチェックの腰紐リボン』

帯結び、いろいろ

2018年6月11日

今日はゆかたを着るのがまた少し楽しくなるような
帯結びのアレンジをご紹介します

まずは慣れない方でも
カンタンに結べる「リボン返し」
リボンだけど可愛くなりすぎないところが
嬉しいポイントです

片方のリボンがだらりと長く垂れた
「片流し」もおすすめです
抜け感のある後ろ姿は
粋で大人な印象で素敵です

きもの風の帯結びに挑戦したい方には
ふんわりと華やかな「割角太鼓」
リバーシブルの帯も両面を生かして可愛く結べます
ぜひ、シーンや気分に合わせて
帯結びを楽しんでみてください
  
 

写真上「リボン返し」『ローズアラベスク 両面半巾帯 牡丹・灰』
写真中「片流し」『ローズアラベスク 両面半巾帯 黒・黒』
写真下「割角太鼓」『籠ストライプ 両面半巾帯 灰・青』

ドゥーブルメゾンの、夏のブルー

2018年6月9日

どこまでも続く透きとおった空
太陽の光を浴びて輝く海
夏のブルーは澄み切っていて
晴れやかな気持ちになります

ドゥーブルメゾンのブルーは
ギンガムチェックとストライプでたのしみます
綿麻のきものに合わせた帯は
少しの赤のラインを沿えてマリンな気分に

日傘や扇子、下駄もブルー
持ち歩くのが楽しみになる
自分だけの 自分のための
小さなこだわりです

大きなギンガムチェックの
ざっくりとしたオーバーサイズのドレスが
夏の風をはらんで
ふんわりと膨らみます
  
 

写真上 
『メモリアルチェック きもの・青』
『籠ストライプ 両面半巾帯 紺・赤』
『日傘 青ギンガム・小』

写真中
『日和下駄 ケイト・青ボーダー』

写真下
『マオカラードレス・ブルーギンガム』

人気者の、蛸

2018年6月8日

お天気のたよりを聞くところによると
関東もどうやら梅雨入りしたとのこと
お日様が恋しい季節になります

海の中を泳ぐ蛸のゆかた
去年大変人気のあった柄です
「今年も蛸は見れますか」と
問い合わせをいただくほどすっかり人気者

9つの色を使って表現した
日本画のような奥行きのあるタッチ
渋さとユーモアのバランスに
大人の粋さを感じます

今年は緑のストライプの帯を合わせてみました
去年と違う帯を締めると
また新しいイメージで楽しんでいただけます
 
 
 
『ゆかた ギヤマン徳利・マロン』
『籠ストライプ 両面半巾帯 緑・桃』

DOUBLE MAISON「神楽坂と、ゆかたと、」

2018年6月7日

6月になり梅雨の前の夏の日差しを
感じるようになりました
ドゥーブルメゾンでは
このたび ゆかた展を開催いたします

6/28(木)~7/1(日)、7/5(木)~8(日)に
神楽坂駅1番出口から徒歩3分のギャラリーで行います
2018年の新作ゆかたとこれまでのアーカイブゆかたを
一同にご覧いただきます

新作のゆかたにつきましては
7月の神楽坂祭り(25日)や
隅田川花火大会(28日)に間に合いますよう
お客様のマイサイズでのお仕立ても承ります

webショップでご覧いただいていた
ゆかたや帯を手にとって見ていただける機会
皆さまのご来場を心よりお待ちしております

 
 

DOUBLE MAISON「神楽坂と、ゆかたと、」
6月28日(木)~7月1日(日)
7月5日(木)~7月8日(日)
時間はいずれも12時〜20時

場所:RITZ神楽坂(神楽坂プリュス2階)
東京都新宿区神楽坂6丁目58
東京メトロ東西線、神楽坂駅1番出口より徒歩3分
都営地下鉄大江戸線、牛込神楽坂駅A2出口より徒歩5分
JR飯田橋駅より神楽坂を上がり徒歩10分
tel 090-4914-2605(会期中のみ)

粋なこころがつまった、下駄

2018年6月6日

さっぱりとした気立てで
あかぬけがしている姿
「粋」は江戸の美意識のひとつです

江戸、明治の神楽坂には
そのような粋なこころを持ち合わせた
名女優や芸妓さんたちが
多く活躍していたといわれています

そんなまちの雰囲気に合うような
きりっとした下駄をつくりました
両サイドを黒く塗った角のある
少し変わった船底のデザインです

鼻緒は細い黒のストライプ
底のゴムは白にして
シックなモノトーンでまとめました
鮮やかな赤のゆかたをよく引き立てます
 
 
 
『角下駄 黒塗り・黒ストライプ』
『あの庭で見た、カンパニュラ・赤』

ゆかた展、やります

2018年6月5日

私達も楽しみにしておりました
ドゥーブルメゾンのお店が
工期がかかり延期することになりました
皆さまに7月とご案内しておりましたことをお詫びいたします

7月の神楽坂祭り(25日)や
隅田川花火大会(28日)に
メゾンのゆかたをお召しいただきたいため
急遽 神楽坂でドゥーブルメゾンゆかた展を
催す運びとなりました

神楽坂駅近くに
ギャラリーを探しました
6月末の週末に
2週にわたって開催いたします

お待たせしているショップと
ゆかた展の詳細につきましては
追ってLETTERなどでお知らせいたします

今年、1番人気です

2018年6月4日

緑の中に眩しく映える
鮮やかな黄色のゆかた
今年1番人気のデザインです

ぱっと目をひく黄色と
それでいてモチーフは
落ち着いたクラシカルな配色
この絶妙なバランスが人気の秘密のようです

溢れるほどの贅沢な
ヴィンテージ調の花柄
すっきりとしたランダムな縞が
美しいラインを描きます

爽やかな青のボーダーの
帯と下駄を合わせて
フレッシュで爽やかな
コーディネートもおすすめです

『午後三時、花をそそいだら』
『籠ストライプ 両面半巾帯 灰・青』

ふたつの面が、主役です

2018年6月1日

ゆかた姿のポイントになる帯選び
ついついい何本も揃えたくなるものです
ドゥーブルメゾンのゆかた帯は
どちらも表面としてお使いいただけます

その日の気分や合わせるゆかたによって
コーディネートを楽しんでいただけるよう
表情の違うふたつの柄を
ひとつに縫い合わせています

この『ローズアラベスク』
アンティークローズのオーバルが
きちっと並んでいてクラッシックなA面
対するB面は自由にそよぐ風をイメージした
すっきりとした縞模様

その日メインで使わない面も
バックスタイルの帯結びで
ちらりとのぞかせることで
綺麗な薄桃色のゆかたも引き立たせる配色にしています
 
 
『ローズアラベスク 両面半巾帯 牡丹・灰』
『ゆかた 午後三時、花をそそいだら・薄桃』

日傘、新柄リリースしました

2018年5月31日

人気のドゥーブルメゾンの日傘
大きなギンガムチェックのほかに
今回、小さなものもご用意しました

1cm角の黒と青の
小さなギンガムチェックが
可愛らしい印象です

こちらも同じように
ドゥーブルメゾンのロゴを
ゴールドの箔でプリントしています

おそろいの生地で扇子もご用意しています
ぜひ、合わせてご覧ください
 
 
『日傘 黒ギンガム・小』
『日傘 青ギンガム・小』

一足先に、夏をたのしむ

2018年5月30日

東京では初夏の風物詩である
浅草の三社祭も終わり
各地ではすでに夏祭りの開催もみられます

今週末の横浜開港祭では
一足先に花火も見ることが出来そうです
7月末からの代表的な花火大会だけでなく
今年は少し早めに夏を楽しみませんか

花火や縁日の灯りの中でも
ひときわ目を引く赤いゆかた
大胆な縞模様に藤の風鈴が描かれた
ユニークなデザインです

黒の帯と小物を合わせて
大人な粋なコーディネートも素敵です
透け感のあるさらりとした綿麻地で
涼しげな夜風を感じます

 
 

『あの庭で見た、カンパニュラ・赤』
『ローズアラベスク 両面半巾帯 黒・黒』

風はらむ、キャピュレットドレス

2018年5月28日

雲ひとつない五月晴れの空
街路樹の青々とした青葉
頬をなでる風もだんだんと
夏めいてきました

風をはらんでふんわりと
膨らむパフスリーブが印象的な
キャピュレットドレス
これからの時期にお召しいただきたい一枚です

薄手のリネン素材で
通気性も良く、肌触りも心地よく
少し汗ばむような天気には
ぴったりの着心地です

麦わら帽子と合わせたり
ギンガムチェックの日傘と下駄を合わせたり
夏気分な小物とコーディネートして
楽しむんでいただくのもおすすめです
 
 
『キャピュレットドレス・ノアール』
『キャピュレットドレス・ブランシュ』

ゆかた手帖~神楽坂さんぽ②~

2018年5月27日

ドゥーブルメゾンの住人達が住む
小さな一軒家の近くには
神社やガラス戸の花屋さん
昔ながらのパン屋さんがあります

エメラルドグリーンの外観が
メルヘンチックなパン屋さんの
クリームパンは有名で
売り切れてしまうこともしばしば

この日は運よくゲット出来て
ご機嫌で食べ歩き
街並みもグルメも楽しめる街です

この日選んだゆかたは
ギンガムチェックにバスケット柄
ラズベリージャム色の帯を合わせて
ピクニック気分で歩いた一日でした
 
 
『時には木陰に寝転んで・灰』
『ローズアラベスク 両面半巾帯 牡丹・灰』

ゆかた手帖~神楽坂さんぽ①~

2018年5月26日

まるで初夏を思わせる陽気です
今日はゆかたを着て
神楽坂の街を歩いてみました

神楽坂の町は細い路地や坂
風情のある石畳の景色が多く見られます
その様子はパリのモンマルトルの坂のようで
「小さなパリ」とも言われています

一方で江戸時代から花街として
栄えてきた街でもあり
赤城神社や毘沙門天などの神社や
小料理屋などの和の一面も色濃く残っています

今日選んだゆかたは
メゾンセレモニー
トリコロールの帯を締めて
気分はパリのお散歩
 
 
『メゾンセレモニー・朱』
『籠ストライプ 両面半巾帯 紺・赤』

ゆかた手帖~時には木陰に寝転んで~

2018年5月25日

今年の新作ゆかたは、
メゾンに住む女の子たちの部屋を
思い描いてつくりました

ドゥーブルメゾンで人気の
大きなギンガムチェックに
アンティークバスケットを乗せた柄

ギンガムチェックは
ガーデンドレスのような
織り柄の生地に近づけるように
濃淡をつけて型を彫り、染めてもらいました

コーディネートはバスケット柄の
お揃いのゆかたと帯で
ドゥーブルメゾンらしいコーディネートを
お楽しみください
 
 
『時には木陰に寝転んで・青』
『籠ストライプ 両面半巾帯 灰・青』

ゆかた手帖~あの庭で見た、カンパニュラ~

2018年5月23日

今年のドゥーブルメゾンのゆかたは
メゾンに住む女の子たちの部屋を
思い描いてつくりました

『あの庭で見た、カンパニュラ』は
Mrs.ロビンソンの部屋から見える庭の藤と
風になびいて心地よい音を奏でる風鈴を
イメージしています

流れる風をイメージした縞がらは
きりっとした彼女のように
タイトな黒を差して仕上げました

爽やかにクールに粋な着こなしを
楽しんでいただきたいゆかたです
 
 

『あの庭で見た、カンパニュラ・翡翠』
『あの庭で見た、カンパニュラ・赤』

黒のギンガムチェックづくし

2018年5月22日

ドゥーブルメゾンといえば
ギンガムチェック
思い入れとこだわりのある柄です

今年のドゥーブルメゾンは
ギンガムチェックづくし
今日は黒ギンガムのアイテムを
一挙に集めてみました

播州織のオリジナルギンガムでつくった
きものと帯、そしてワンピース
そんな織りの風合いを染めで表現した
バスケット柄のゆかた

日傘や扇子、足袋、草履
こんなところまで!と
思ってもらえるような小物も
全てギンガムチェックでご用意しています
ぜひ合わせてご覧ください

 
 
ギンガムチェックのアイテム
『メモリアルチェック きもの・黒』 
『メモリアルチェック つくり帯・黒』
『ゆかた 時には木陰で寝転んで・黒』 
『ギンガムチェック 博多織 名古屋帯』
『日傘 黒ギンガム・大』 
『扇子 黒ギンガム・大』

ゆかた手帖~午後三時、花をそそいだら~

2018年5月21日

梅雨の前の初夏の陽射しが
まぶしい季節です
本格的な夏を前に
ゆかたで出かけました

大好きな花をモチーフにした
ゆかたと帯を着て
やわらかなアンティーク調の
薄桃色がお気に入りです

見ず知らずの人に
「涼しげね」と声をかけられて
ちょっとうれしい気持ちになったり

いつも歩いている町の景色も
洋服のときとはなんだか違うように見えて
新鮮で楽しいひと時でした

 
『午後三時、花をそそいだら・薄桃』 
『ローズアラベスク 両面半巾帯 牡丹・灰』

ゆかた手帖~メゾンセレモニー~

2018年5月18日

ドゥーブルメゾンのイラストを手がける
イラストレーター塩川いづみさんのゆかた
今年も図案を描きおろしていただきました

メイリリーやMrs.ロビンソン
ドゥーブルメゾンに住んでいる女の子たちが
メゾンのゆかたやワンピースで装っています

女の子たちの頭には
カラフルなお花や黒猫が乗っていて
少しユーモラス

花柄やクラシックな柄だけではなく
こんな楽しいゆかたもおすすめです
 
 
『メゾンセレモニー・空色』
『メゾンセレモニー・朱』

マオカラードレス リリースしました

2018年5月17日

すっぽりと着れるボリュームと
スタンドカラーが印象的な
ドレスをつくりました

サイドの切替えや襟下のタックで
バランスの良いボリュームを出した
贅沢なシルエット

ショルダーポイントをぐっと落とした
丸みのある自然な肩のライン
襟と袖口には黒のサテンの切り替えで
可愛らしさの中に上品さを添えました

襟は前あきになっていますので、
襟を閉じたり、中にブラウスを着て襟を開いたりと
様々な着こなしが楽しめます
 
 
 
『マオカラードレス・麻ストライプ』
『マオカラードレス・ブルーギンガム』

ゆかた手帖~夏を先取り~

2018年5月16日

暑い日差しとあたたかな日が続き
夏の訪れが待ち遠しい今日この頃
ドゥーブルメゾンでは先日
ゆかたをリリースしました

今日は夏を前に一足先に
ゆかたを楽しんでいただける
コーディネートをご紹介します
襦袢を着て羽織を合わせた
きもの風の装いです

シックな海老茶色のゆかたに
やさしい乳白色の衿と帯と羽織を
足元には白のサンダルで
涼しげな印象でまとめています

ポリエステル素材の
シルジェリーを使用したゆかたは
落ち感がありさらっとした着心地で
きもの風の装いにぴったりのゆかたです
 
 

コーディネート商品 
ゆかた・・・『西陽の差す部屋に・海老茶』
羽織・・・『カメリア レースの羽織・乳白』
帯・・・『カディ半巾帯・生成』
サンダル・・・『木底サンダル・白』

つくり帯の結び方~お太鼓編~

2018年5月10日

着付けが苦手な方に、
また、帯を結ぶ時間がない時に
おすすめなのがつくり帯!
簡単に5分ほどで締めていただけます

『メモリアルチェック つくり帯・青』は
ボディ部分と飾り結びが
セパレートになったつくり帯

結び方とちょっとしたポイントをご紹介していきます

続きを読む…

白の木底サンダル リリースしました

2018年5月7日

 
船底型のウッドソールに
シンプルな白のレザーアッパーを
組み合わせたサンダルです

人間工学に基づいた
履き心地の良さを追求し
1足1足手作業で丁寧につくられた
trippenの「Orinoco」

フラットなソールは履きやすく
オープントゥのカットと
アンクルストラップが
美しいシルエットを描きます

素足やソックスで洋服に合わせたり
下駄代わりにゆかたやきものに
合わせていただくのもおすすめです
 
 
『木底サンダル・白』

2018年夏、ゆかた リリースしました

2018年5月4日

 
いよいよ本日
ドゥーブルメゾンの夏の新作ゆかたを
WebShopにてリリースいたします

今年はドゥーブルメゾンに住む
女の子たちの部屋を思い描いて
ゆかたをつくりました

壁紙、ギンガムチェック、バスケットなど
なつかしくて胸がきゅんとするような
大切な日を過ごした家の中での風景を
切りとっています

おそろいでお召しいただきたい
半巾帯もご用意しています
ぜひ、あわせてご覧ください

 
新作の商品はゆかた一覧ページ半巾帯一覧ページよりご覧いただけます

日ごろの感謝を込めて

2018年5月3日

5月13日は母の日
最も身近な大切な人への
ありがとうの気持ちを
プレゼントにのせて…

時を重ねても揺らぐことのない
クラシックな美しさを持つ
アンティークガラスのイヤリングや
コットンパールのピンブローチ

そっと身につけるだけで
普段の装いを彩るアクセサリーは
贈りものにぴったりです

ドゥーブルメゾンのロゴの入った
桐箱でお届けしています
麻紐やお気に入りのリボンで結わいて
飾りつけするのもおすすめです
 
 
※現在オンラインショップでは
ラッピングは承っておりません

『ホワイトドロップ ピンブローチ・大粒』
『アンティークガラス イヤリング&帯留』

ドゥーブルメゾンのお店オープンいたします

2018年5月1日

ずっとあたためていた
ドゥーブルメゾンの住人達が住む
小さな一軒家を神楽坂に見つけました

坂の商店街 石畳みの路地裏
昔ながらのパン屋さん ガラス戸の花屋さん
小さな教会があり 神社があり 大好きな街です

ドゥーブルメゾンはこの夏に
皆さまに直接商品を手にとって頂けるお店をオープンします
ウエブショップからスタートして7年
いつもそこにある空間を作るための準備を
今進めているところです

日傘 リリースしました

2018年4月30日

大きなギンガムチェックの
日傘をつくりました

一本ずつ丁寧な手仕事によって
つくられた傘です

ひとつの面には
ドゥーブルメゾンのロゴを
ゴールドの箔でプリントしました

夏のおでかけに
ついつい持ち出したくなる
とっておきの日傘です

『日傘 黒ギンガム・大』
『日傘 青ギンガム・大』

サイズ表記について

2018年4月30日

ドゥーブルメゾンではこの度
洋服のサイズ表記をより分かりやすく
ご覧いただけますよう
一部改訂をいたしました。

また、デザインが複雑なアイテムに関しては
参考写真一覧に図解を追加しております。

詳しくは各商品ページよりご覧ください。

なお、サイズやデザインについて
ご不明な点などございましたら
お気軽にこちらよりお問い合わせください。

カジュアルに楽しむセットアップ

2018年4月27日

コクーンのような膨らみが印象的な
黒と白のセットアップ

黒には綿、白には綿麻を使用し
セットアップですが
きっちりとしすぎない
カジュアルさが魅力です

張りのあるしっかりとした生地が
袖とスカートはふわりと
ウエストはきゅっと締まった
美しいシルエットを描きます

シンプルで落ち着いたイメージに
黄色や赤などのソックスを合わせて
初夏らしい装いを楽しむのもおすすめです

 

『コクーンブラウス・ブラック』
『コクーンスカート・ブラック』
『コクーンブラウス・オフホワイト』
『コクーンスカート・オフホワイト』