LETTER Archive

日和下駄、新色リリースしました

2018年6月18日

塩川いづみさんの描く
ゆかた姿のケイトが刻印された
大好評の日和下駄

ギンガムチェックの鼻緒に加えて
涼しげなボーダーのものも
新しくおつくりしました

今回は白のゴム底と
夏の青葉のようなグリーンの前坪で
マリンな気分で仕上げました

併せてローズマリーでは
シックな細縞バージョンもご用意しています
ぜひ、ご覧ください
 
 

『日和下駄 ローズマリー・青ストライプ』
『日和下駄 ケイト・青ボーダー』

ポムドレス、リリースしました

2018年6月16日

レッグオブマトンスリーブが
印象的なドレスをつくりました
羊の脚のかたちのように
肩部が膨らみ、袖にむかって細くなる
袖のデザインです

ポムドレスでは、肩口をパフスリーブにして
ボリュームのあるゆったりとした
カジュアルなシルエットと合わせました

やわらかなデニムリネンが
胸元のタックによって
ゆるやかなフレアを描き
裾のサテンの切替が落ち感を演出します

薄手の生地ですので
一枚で涼しげに着ていただくのはもちろん
大きく開いた襟元のデザインを活かして
重ね着を楽しんでいただくのもおすすめです。

『ポムドレス・デニムリネン』

涼しげな装い、小千谷縮

2018年6月15日

梅雨が終われば夏の到来
今年の夏は平年より暑くなると耳にします
とにかく涼しく装いたい方におすすめなのが
小千谷縮の夏きものです

苧麻(ちょま)という上質な麻で
つくられた小千谷縮は
シャリ感があり通気性がよく
風をよく通します

さらに最大の特徴である”しぼ”が
着心地の良さの秘密です
しぼによってできた凹凸が
汗をかいてもべたつかない
さらりとした肌触りを生み出します

今年の夏は涼しげなきものを着て
お太鼓を結んで少し大人な装いを
ぜひ、おたのしみください
 
 
『ウォーターフォール 夏きもの・水』
『フュテュール 博多織 名古屋帯・白鼠』

ゆかた展、夏勢ぞろい

2018年6月14日

雨に濡れた紫陽花が鮮やかに
目に映る季節となりました
梅雨をしのんだら
いよいよ夏が訪れます

6月28日よりはじまる
ゆかた展「神楽坂と、ゆかたと、」では
新作をはじめ これまでのアーカイブゆかたが
勢ぞろいいたします!

会場ではゆかただけでなく
夏のきものの小千谷縮もご覧いただけます
こちらは新作ゆかた同様
お客様のご寸法に合わせてお仕立てを承ります

他にも大人気のガーデンドレスなどの
サマードレスコレクションや
日傘、扇子など夏をたのしむ小物も
取り揃えてお待ちしております

 
 

DOUBLE MAISON「神楽坂と、ゆかたと、」
6月28日(木)~7月1日(日)
7月5日(木)~7月8日(日)
時間はいずれも12時〜20時

場所:RITZ神楽坂(神楽坂プリュス2階)
東京都新宿区神楽坂6丁目58
東京メトロ東西線、神楽坂駅1番出口より徒歩3分
都営地下鉄大江戸線、牛込神楽坂駅A2出口より徒歩5分
JR飯田橋駅より神楽坂を上がり徒歩10分
tel 090-4914-2605(会期中のみ)

雨でも安心、お手入れ簡単ゆかた

2018年6月13日

ゆかたは着たいけれど
お手入れの方法が分からない、難しそう
そんなお問い合わせをよくいただきます

そんな方におすすめなのが
お手入れが簡単な
ポリエステル素材のゆかたです

たくさん汗をかいてしまったり
突然の雨に濡れてしまっても
お家で簡単にお洗濯することができます

袖を合わせて簡単にたたみ
洗濯ネットに入れて洗濯機に入れます
シワにもなりにくいためアイロンがけもいりません
安心してゆかたでお出かけください
 

ドゥーブルメゾンのポリエステル素材のゆかた
『西陽の差す部屋に・海老茶』(写真着用)
『西陽の差す部屋に・浅葱』
『ギヤマン徳利・セピア』
『ギヤマン徳利・マロン』
『エール・空色』
『エール・墨』

腰紐リボン、リリースしました

2018年6月12日

ギンガムチェックの腰紐をつくりました
着姿には見えない部分のこだわりが
ゆかたやきものを着る時間を
より楽しい気分にしてくれます

腰紐としてだけでなく
リボンベルトとしても使えるように
幅を広くし両端もリボンのように
斜めにデザインをしています

和装では帯飾りやしごきとして
洋装ではベルトやリボンとして
ワンピースやスカートに
合わせていただくのもおすすめです

ゆかたの着付けに必要な2本をセットにして
おそろいのギンガムチェックの袋に入れて
お届けいたします
 
 

『ギンガムチェックの腰紐リボン』

帯結び、いろいろ

2018年6月11日

今日はゆかたを着るのがまた少し楽しくなるような
帯結びのアレンジをご紹介します

まずは慣れない方でも
カンタンに結べる「リボン返し」
リボンだけど可愛くなりすぎないところが
嬉しいポイントです

片方のリボンがだらりと長く垂れた
「片流し」もおすすめです
抜け感のある後ろ姿は
粋で大人な印象で素敵です

きもの風の帯結びに挑戦したい方には
ふんわりと華やかな「割角太鼓」
リバーシブルの帯も両面を生かして可愛く結べます
ぜひ、シーンや気分に合わせて
帯結びを楽しんでみてください
  
 

写真上「リボン返し」『ローズアラベスク 両面半巾帯 牡丹・灰』
写真中「片流し」『ローズアラベスク 両面半巾帯 黒・黒』
写真下「割角太鼓」『籠ストライプ 両面半巾帯 灰・青』

ドゥーブルメゾンの、夏のブルー

2018年6月9日

どこまでも続く透きとおった空
太陽の光を浴びて輝く海
夏のブルーは澄み切っていて
晴れやかな気持ちになります

ドゥーブルメゾンのブルーは
ギンガムチェックとストライプでたのしみます
綿麻のきものに合わせた帯は
少しの赤のラインを沿えてマリンな気分に

日傘や扇子、下駄もブルー
持ち歩くのが楽しみになる
自分だけの 自分のための
小さなこだわりです

大きなギンガムチェックの
ざっくりとしたオーバーサイズのドレスが
夏の風をはらんで
ふんわりと膨らみます
  
 

写真上 
『メモリアルチェック きもの・青』
『籠ストライプ 両面半巾帯 紺・赤』
『日傘 青ギンガム・小』

写真中
『日和下駄 ケイト・青ボーダー』

写真下
『マオカラードレス・ブルーギンガム』

人気者の、蛸

2018年6月8日

お天気のたよりを聞くところによると
関東もどうやら梅雨入りしたとのこと
お日様が恋しい季節になります

海の中を泳ぐ蛸のゆかた
去年大変人気のあった柄です
「今年も蛸は見れますか」と
問い合わせをいただくほどすっかり人気者

9つの色を使って表現した
日本画のような奥行きのあるタッチ
渋さとユーモアのバランスに
大人の粋さを感じます

今年は緑のストライプの帯を合わせてみました
去年と違う帯を締めると
また新しいイメージで楽しんでいただけます
 
 
 
『ゆかた ギヤマン徳利・マロン』
『籠ストライプ 両面半巾帯 緑・桃』

DOUBLE MAISON「神楽坂と、ゆかたと、」

2018年6月7日

6月になり梅雨の前の夏の日差しを
感じるようになりました
ドゥーブルメゾンでは
このたび ゆかた展を開催いたします

6/28(木)~7/1(日)、7/5(木)~8(日)に
神楽坂駅1番出口から徒歩3分のギャラリーで行います
2018年の新作ゆかたとこれまでのアーカイブゆかたを
一同にご覧いただきます

新作のゆかたにつきましては
7月の神楽坂祭り(25日)や
隅田川花火大会(28日)に間に合いますよう
お客様のマイサイズでのお仕立ても承ります

webショップでご覧いただいていた
ゆかたや帯を手にとって見ていただける機会
皆さまのご来場を心よりお待ちしております

 
 

DOUBLE MAISON「神楽坂と、ゆかたと、」
6月28日(木)~7月1日(日)
7月5日(木)~7月8日(日)
時間はいずれも12時〜20時

場所:RITZ神楽坂(神楽坂プリュス2階)
東京都新宿区神楽坂6丁目58
東京メトロ東西線、神楽坂駅1番出口より徒歩3分
都営地下鉄大江戸線、牛込神楽坂駅A2出口より徒歩5分
JR飯田橋駅より神楽坂を上がり徒歩10分
tel 090-4914-2605(会期中のみ)

粋なこころがつまった、下駄

2018年6月6日

さっぱりとした気立てで
あかぬけがしている姿
「粋」は江戸の美意識のひとつです

江戸、明治の神楽坂には
そのような粋なこころを持ち合わせた
名女優や芸妓さんたちが
多く活躍していたといわれています

そんなまちの雰囲気に合うような
きりっとした下駄をつくりました
両サイドを黒く塗った角のある
少し変わった船底のデザインです

鼻緒は細い黒のストライプ
底のゴムは白にして
シックなモノトーンでまとめました
鮮やかな赤のゆかたをよく引き立てます
 
 
 
『角下駄 黒塗り・黒ストライプ』
『あの庭で見た、カンパニュラ・赤』

ゆかた展、やります

2018年6月5日

私達も楽しみにしておりました
ドゥーブルメゾンのお店が
工期がかかり延期することになりました
皆さまに7月とご案内しておりましたことをお詫びいたします

7月の神楽坂祭り(25日)や
隅田川花火大会(28日)に
メゾンのゆかたをお召しいただきたいため
急遽 神楽坂でドゥーブルメゾンゆかた展を
催す運びとなりました

神楽坂駅近くに
ギャラリーを探しました
6月末の週末に
2週にわたって開催いたします

お待たせしているショップと
ゆかた展の詳細につきましては
追ってLETTERなどでお知らせいたします

今年、1番人気です

2018年6月4日

緑の中に眩しく映える
鮮やかな黄色のゆかた
今年1番人気のデザインです

ぱっと目をひく黄色と
それでいてモチーフは
落ち着いたクラシカルな配色
この絶妙なバランスが人気の秘密のようです

溢れるほどの贅沢な
ヴィンテージ調の花柄
すっきりとしたランダムな縞が
美しいラインを描きます

爽やかな青のボーダーの
帯と下駄を合わせて
フレッシュで爽やかな
コーディネートもおすすめです

『午後三時、花をそそいだら』
『籠ストライプ 両面半巾帯 灰・青』

ふたつの面が、主役です

2018年6月1日

ゆかた姿のポイントになる帯選び
ついついい何本も揃えたくなるものです
ドゥーブルメゾンのゆかた帯は
どちらも表面としてお使いいただけます

その日の気分や合わせるゆかたによって
コーディネートを楽しんでいただけるよう
表情の違うふたつの柄を
ひとつに縫い合わせています

この『ローズアラベスク』
アンティークローズのオーバルが
きちっと並んでいてクラッシックなA面
対するB面は自由にそよぐ風をイメージした
すっきりとした縞模様

その日メインで使わない面も
バックスタイルの帯結びで
ちらりとのぞかせることで
綺麗な薄桃色のゆかたも引き立たせる配色にしています
 
 
『ローズアラベスク 両面半巾帯 牡丹・灰』
『ゆかた 午後三時、花をそそいだら・薄桃』